世界一楽しいうつ病の世界

うつ病はすごいんだ!普通の人たちが見ることのできない世界を見れるんだ!楽しもうぜ!!

うつ病から回復してきても治らない事と、社会復帰した時の自分なりの対処法

うつ病って、その人によって本当に色々な症状が出ますよね。

 

f:id:abura-and-rigami:20180401213202p:plain

 

書こうと思っても書ききれないくらいです。

「え?これもうつ病の症状なの!?」

って驚くことも多いと思います。

 

自分の場合は、どちらかというと自律神経失調症ありきのうつ病だったので、特に身体的症状が多かったです。

 

そして、多くの症状はうつ状態の緩和によって緩やかに影を潜めていったんですが、そこそこ元気になった今でも、うつ病になる前となった後で大きく変わってしまった点が何点かあります。

 

気持ちの上げ下げに左右されずに、慢性的な症状としてこの身体に残ってしまった症状の中から、社会復帰した時に足かせになった大きなものを3つほどに絞って紹介します。

 

そしてその症状を抱えながら、表面上だけでも社会人としてまともに生きていくために、自分なりに工夫してた方法も紹介しますので、その体験談が1人でも参考になれば幸いです。

 

あくまで自分がやっていた方法とかであって、オススメというわけではないです。ご注意を。そして根本的な原因を取り除く治療などでもありません。

 

 

短期記憶が圧倒的に弱くなった

おそらく引きこもり期間が長く同じような毎日を過ごしていると、脳が覚えることを放棄するんですよね。

 

それこそ天井眺めて過ごしていた記憶ってのは数か月に及ぶはずなんですが、体感で3日くらいしかありません。

何もやって無くて退屈で、1日がめちゃくちゃ長く感じるはずなのに、終わってみれば一瞬で過ぎ去ってしまったような感覚です。記憶がごっそり抜け落ちてるんですよね。

 

そんな毎日が続いて脳が委縮でもしたんでしょうか。人の名前や顔もそうですが、あらゆることに対して記憶力が低下しました。

引っ越して半年経ちますが自分の郵便番号覚えてませんしね笑

 

これは非常に多くの方が直面する悩みだと個人的には思っています。

 

名前や顔が覚えられないとコミュニケーションが取りづらいし、そもそも仕事内容を教えてもらってもすぐ忘れてしまう。

 

そうなると教える方としてもイライラしてくるし教え方も乱暴で適当になってくる。そうするとそれに加え焦りも生まれて、余計に覚えられなくなる。負のスパイラル。

なんて事があります。

 

対策

 

結論はメモを取る。

結局はこれに尽きますその場でメモを取ります。

しかし、メモには反対派も結構いるので、「こいつメモ無しじゃ覚えられないのかよ」って思われるかもしれませんが、そんなもん思わせとけば大丈夫です。

 

本当に仕事が出来ない奴になって後で迷惑かけるより何倍もマシです。

 

とにかく、自己紹介してくれた後にはすぐ顔なりなんなりの特徴と名前をメモ。

予定が入るとどんなにショボい用事でもカレンダーにメモ。

仕事内容も教えてもらいながらメモ。

 

この時注意していたのは、たまに相手の言ったことを一言一句メモに取ろうとする人がいるんですが、それはNGです。あまりにテンポが遅くなってしまい、相手のイライラを増長させるので、餅つきの要領でテンポよくメモを取ることを心掛けました。

 

こっちが上手にメモを取れるようになれば、勝手に向こうもこっちに合わせてくれるというか、不思議と自然とメモを書くワンテンポの時間をくれるようになりましたね。

 

その辺のタイミングは人によって違うので、見定める能力を養わないといけませんけどね・・・。人付き合いって面倒ですね。

 

「どうせそんな一瞬で忘れるわけないから、あの作業一個だけやってからメモしよ」

これだけは絶対NGです

忘れます。

 

忘れるわけないという安心感のまま別作業へ移ると超高確率で忘れます。

 

もしどうしてもメモなんて出せる雰囲気じゃない時もあると思いますが、そんな時もメモが出せる状態になったら他の事を考えだす前にすぐ書いておきました。

 

とにかく、走り書きで良いから、字が汚くても良いから、強烈な単語やポイントだけでもメモしておきました。

 

そして、休憩時間とか暇な時とか家に帰ってからとか、いつでも良いからもう一度メモを眺めます。

 

断片的でも良いからメモを書いておけば、教わったこと自体は思い出せるのであとは記憶を手繰り寄せていけば形は見えてきます。

 

教わったこと自体を忘れてしまうのが1番アウトだと思い、この方法を徹底していました。

 

あとはもう思い切って自分から「自分はメモを取らないと絶対忘れるんで取ります笑。その代わり1回で覚えるんでお願いします」って公言してましたね。

 

自分で自分がダサかったですが、何回も聞いたり同じミスを繰り返してブチギレられる同僚を何回も見ていたので、それに比べれば初めの恥くらいはるかにマシだと思いました。

 

おかげ様で、最後まで物覚えの悪さについてはバレなかったです。

それどころか「カマス君はちゃんとメモ取って仕事早く覚えてくれるしミスも少ないから助かるわ~」なんて言われる立場になっていました笑

本当は自分の弱点を晒さないために必死だっただけなんですけどね。

 

文章を読めなくなった

ブログを書いてるお前が何言ってんのって感じですが、本当です。

これは心療内科とかでもあんまり症状を理解してもらえなかったんですが、ある日急に文章が読めなくなったんです。

 

読めないというよりは、理解できなくなったというのが正しいかもしれません。

 

目で文章を追う事が出来ても、1文読んで次の文章に移ったらもう内容を忘れてるんです。

そしてもう一回頭から読み直す。

 

結局文章を進んだり戻ったりを繰り返して、なかなか進まない。

 

という頭になってしまいました。

 

これは、本好きだった自分にとってめちゃくちゃショックでしたし、普通に日常生活にも支障をきたしました。

仕事の資料を読めませんからね。これは地獄でしたね、本当に脳腫瘍でもできたかと疑いました。

 

対策

 

これは、悩んでた頃に集中力の欠如が大きいと思われる。というアドバイスの声を頂きました。

 

極度のストレス状態で脳がオーバーヒート状態になり、どこに集中力を注いだら良いのか分からなくなってしまってるのです。

そのため、自分が文章を読んでいるつもりになっていても、脳は別の事を考えていて、結局目では文章を読んでいても脳は読んでいない。という状態に陥るわけです。

 

そこでアドバイスいただいたのが「口に出して読むこと」

 

この年になってアホらしい。と最初は思ったのですが、完全に効果がありました。

 

口に出す。というのは自分の思っているよりも脳に作用してくれるらしく、1回の音読でかなり頭に入ってくるようになりましたね。

まあそれでもうつ病になる前と比べたら全然ザコいので、辛かったですけどね。

 

職場とかの人目があるところでは恥ずかしかったので出来なかったですけど、家でちょっとしたニュース記事とかを選んで、声に出してリハビリしていきました。

 

悲しかったですよ。「小学生か俺は」なんて思いながら家で1人簡単な文章とか読んでるの・・・・・・。

 

しかしその甲斐あって今では、こうしてブログも書けるし小説も読めるくらいには回復しました。

まだまだ昔に比べれば1文を読むという事ににかける時間ってのは増えてしまいましたがね。

速読とかやってたくらい文章読むのは得意だったんですが、その強みを失って悲しいです。

 

 

圧倒的に腰が重くなった

 

完全に交感神経と副交感神経がグチャグチャになってます。

やる気スイッチというものがショートしてるも良いところです。

 

やろうと決めてたことが出来ないんですよね。

これが世間から甘えと言われる所以なんでしょうが。

出来ない理由が何もないのに体が動かせない。

 

出来ない理由がないから対策も思いつかない。

みたいな感じでした。

 

 

普通に考えれば簡単なんですよ?やれば良いんですから笑

しかし出来ない!

 

分からない人からは一生分からないと思います。

そもそも自分もわかって無かったですし。そんな病気あるはずがないと思っていた側でしたからね。

 

まあそれはそうとして、他の2つと比べて1番簡単なハズなんですが、心に一番重くのしかかるのはここでした。

 

寝る前には「明日はこれやらないと」って思って寝るんですが、次の日には「明日やろう」その繰り返し。

そして自己嫌悪に陥るまでが1セット。

 

んで結局ギリギリになってやることが詰まってパンクするんですよ。

 

 

対策

 

結局、ここでも最終的に行きついたのはメモでした。

これの対策には、自分はスマホのメモ帳なりto doなりに「あしたやる事メモ」を書いてから寝ることにしました。

元々は仕事で使ってた方法です。

 

いくら面倒でも指先くらいは動かせますからね。明日の自分に丸投げです。

 

その日は、「今日はやらなかった」っていうサボり心が満たされます笑

 

 

そして次の日なんですが、そもそも出来ないのには「何をどれからやったらいいか分からない面倒臭さ」も大いにあると思うんですよね。

 

なので、やる事が可視化されていると目標が明確になってある程度行動できたんですよね。

 

 

そして、はじめは面倒くさいんで効率とか何も考えずメモ帳の1番上から順にやっていきます。

 

で、途中であれもやらなきゃとか出てくるんですが、それは乗り気ならその場でやればいいし、面倒だったら明日用のやる事リストに書いておく。

 

そして、それを数日続けてるうちに今度は「上から順にやるの効率悪くて面倒臭いわ・・・・・・」ってなってきたんですよ。

 

そしたら今度は、寝る前に箇条書きにしてあるやつを1つの場所で行う作業順に分けたり、時系列順に並べたりして自然と効率化をはかるようになっていったんです。

 

これでかなり動けるようになりましたね。

 

で、終わったタスクから順にメモ帳から削除していくんですが、やる事が目に見えてどんどん減っていくのって結構気持ちいいんですよね。

 

だから、それを味わう快感ってのを理由の1つに設定してます。

 

これは、仕事だけじゃなく今も日常生活でもバンバン使ってるやり方です。

 

逆に「書いてないことはやらなくても良いんじゃない?」って思ってサボってしまうほど自分には有効です笑

 

 

まとめ的な~の

 

今回は、自分がうつの症状がだんだん軽くなってきて社会復帰した時にめちゃくちゃ足を引っ張られた3つの事について書いてみました。

 

もちろん細かいところを上げれば他にも色々あります。目眩とか動悸とか、今でも色々ありますしね。

 

人によって症状の出方の大小が大きい病気なので、正直参考になるかは分かりません。

 

あくまで自分はこういう症状に悩まされたけど、自分なりにこういう対策をして、社会人として褒められる程度にはカモフラージュ出来てましたよっていう紹介です。

外面だけですけどね。

 

勘違いしてほしくないのは、やれって言ってるんじゃないですからね。

 

負けず嫌いなんで仕事で負けないように工夫しただけです。

1度転んだものが弱いとは、僕は思っていないので。

 

 

あぁ、この記事途中まで書いたらブラウザがフリーズして書き直したんですよね。

初体験だったんですがめちゃくちゃ萎えますね笑

小マメにメモ帳にバックアップ取るなりして対策せんとな~

 

今日の記事はメモ帳のステマやな笑

 

メモ帳様~~~( ☆´◞౪◟`☆)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

読者登録や、ブログランキングのクリックをしていただくと励みになりますので、もし今回の記事が良かったと思って頂けたなら、是非よろしくお願いします。


人気ブログランキング

 

ツイッター(@kamasu_blog)も始めましたので、色々情報交換やお話など出来れば嬉しいです( ⊙´◞౪◟`⊙)何かお気づきの点などあればお気軽に!!!